Crossdressers Resisting the Ruling Class 感染症

エイズの真実 何かとお騒がせなファウチ・キルゲイツとその一味

目安時間:約 2分

 

林千勝さんによると・・・

 

 

多くの日本人がイメージするエイズはHIVウイルスによって感染するものと

認識している人が大半なのではないか?

 

それは間違った認識である可能性が大きいという事。

1980年代前半薬物(麻薬)を投与したゲイの人たちの間で

エイズ患者が多発した。

 

その他に性病も流行り、性病の治療薬の抗生物質が累積し、

免疫不全が起こり病が多発した。

 

 

あの悪名高いファウチ大先生は(。-∀-)

 

エイズは100%HIVウイルスで感染するんだと

ギャロ博士の論文を出汁に使い、決めつけてしまった。

痛い奴。

 

ともかく動画をどうぞ。

 

 

いわゆる、マッチポンプ

エイズ HIV ワクチン(ワクチンは上手くいっていないみたい?)

 

「エイズは怖い」ワクチン打たないと・・

 

エイズ検査、💊を売りつけ、

 

はっきり言って詐欺だろコイツ等

一般の善良な人間を騙してきたのは明白でしょう。

 

 

もうこの人等は信用度だだ落ちだろうね。

 

まだまだ信じてる人も多く言うのだろうけど、時間の問題

これから加速してこの人達の悪事は暴露され続けるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

【惑星の封鎖】少数派で自由をのために立ち上がる人々-Planet lockdown-

目安時間:約 1分

プラネットロックダウンは、世界が直面している状況に関するドキュメンタリーです。

疫学者、科学者、医師、弁護士、抗議者、政治家、王子など、世界で最も明るく勇敢な

人々と話をしました。これらの勇敢な魂は、すべての可能性に対して真実を話し、私たちに

同じことをするように促す勇気を持っていました。恐れを克服する勇気が必要です。

度やれば、毎回簡単になります。

 

 

 

【ホロコースト生存者】

 

 

 

 

異常者エセ専門家のよる薬物実験殺害【隠蔽暴露】

目安時間:約 5分

 

今も昔も人間の命をノミのように扱う異常者が蔓延っているのかも?

 

ノミにも悪いか

😥

 

綺麗事と言われるが・・。あくまでも基本は全ての命は尊い。である。

 

確かにセクハラパワハラモラハラといったのも良くないが、そんなものは庶民を黙らせる口実である。大事なのは人間への尊敬であり尊厳である。それがないからそう言った話がでるのであると私は考える。

 

人間の一大事は生死である。を本人ではなく誰かの手に委ねられるのは極力避けたいものである。特に子供達は。

 

 

サムネは「さーたりΔ感染症とワクチンについて専門家の父に聞いて」さんのツイートから

 

 

動画を見てね。

今にも通じる話かも。

 

動画の内容が真実なのかはご自身で判断下さい

 

一握りの

大富豪の実験のため、大企業の実験、専門家政府の意向で人々が亡くなる事は決して許されない!

 

立ち上がろう日本人!

 

 


Bea;champ講習会 第3回「迷信の序章」~ジェンナーの殺人と隠蔽~ 【no.2021/08/01】

 

 

エドワード・ジェンナーはウイルスによる感染症の

天然痘(てんねんとう)の予防方法を開発したイギリスの医学者とある。

 

自身の名誉のためなのか本当に人間のために今のワクチンと言っていいものを開発したのかは私にはわからないが、動画であったように少年は病気、はたまたは実験台にされて亡くなったのかは定かでないでしょう。あるのは事実だけで、真実は誰にもわからない。

 

一般的には多くの事実は天然痘の撲滅のために尽力した医師としてジェンナーは賞賛されている事であるが、反対に批判されている方もいる。何がほんとうなのだろうか?

 

いつの日か本当の事が解明される日がくるかもしれないし、来ないかもしれない。

今の騒動(新型コロナウイルス)の計画が明るみになり真実が暴かれていけば、もしかしてこのことも暴かれていくのかもしれない。なんて思うのです。

 

過去は振り返っても仕方がないが、過去の経験に学ばないのは罪にも等しい。

 

 

 

 

 

 

嘘がまかり通っている?

この世の中には嘘がまかり通っているのであるが、それに気付かないで過ごしている方々が多くいる。

 

私もその中の一人と言えよう。それに気付きはじめたのも最近である。しかし以前より多少は嘘の多い世界であることは予想していた。

 

私はネットビジネスを多少なりともかじっている身ではあるので、マインドの事は学ぶ重要事項である。

その中で良く聞く話は「テレビ」の話である。簡単の言うとテレビに喰われててはダメだということ。

 

ほとんどの国民は何も無いときはテレビを見る。スマホを見ている。なのでは?

 

 

スマホもない時代の数十年前なら80%くらいはほぼ毎日テレビを3時間以上は見ていたのではないだろうか?

 

勝手な予想。
知りたい方は自分で調べて・・

(;^ω^)

 

 

 

 

今回はこれで。

 

最後まで読んでくれて感謝

 

また°˖✧◝(*゚▽゚*)◜✧˖°♡

ついでにそこのランキングポチっと

Rockefellerの【ROCKSTEP】恐怖のシナリオ

目安時間:約 5分

 

この投稿をInstagramで見る

 

MikeMostWanted1(@mikemostwanted1)がシェアした投稿

 

 

 

 

 

 

大統領 2010年にロックフェラー財団と 世界で最も影響力のあるアンジー・イーストが テクノロジーと国際開発の未来について 多くのシナリオを作成しました この報告書の中でロックフェラー財団は いわゆるシナリオ・ロックステップと呼ばれる 世界的なパンデミックの到来について述べています さらにこのシナリオによると 2010年にはすでに中国が最初に 全市民の強制検疫を開始するでしょう 引用符で囲って、ほとんど密閉状態にします 世界中の国の指導者たちは、口元の帽子の着用義務から、駅や飛行機、ビルの入り口での体温管理まで、法律や規則、制限を設けて権威を強化しますが、私はそのことには触れませんでした。ロックステップ・シナリオによると、パンデミックが終わった後も、まだ多くのことが起こるので、研究者たちは、市民や活動に対する権限による管理や監視は残り、2010年の報告書では、気候のロックダウンを暗示するように、さらに強化されたと書いています。パンデミックやトランスナショナリズム、環境危機や貧困の拡大など、ますますグローバル化する問題から身を守るために、世界中の指導者たちは、より強固な力を手にすることになりました。また、市民がすべての対策にどのように反応するかをよく見ていました。そのためには、市民が自発的に主権とプライバシーの一部を手放すことになると予測しています。市民はより寛容で、トップダウンの管理と監督を受けることに熱心でさえありました 国の指導者は、より自由に標識や自分自身に合った方法を押し付けることができるようになります 私は、ロックフェラー財団の報告書の作成者が2010年に予見したデジタルパスポートにつながる可能性があります。

 

私はまだ文字通りには予測していませんが、当時、彼らは監視の強化がすべての市民のためのバイオメトリクスのアイデアにつながると言っていました、それは現在、紙のパスポートやデジタル予防接種パスポートにあります。ロックフェラー財団がこの点で間違っていることが証明されることを願っています。アルバムの予測が現実になり、彼女が間違っていることが証明されることを願っています。国中を監禁することが戦いの半分であるという集団精神病であるという事実に、私たちが目を覚ます時が来るでしょう。私は、効かないとか、口を塞ぐとか、全く馬鹿げた距離のルールを守り、会社が私たちの社会生活をボロボロにするのを見て、実験的な注射に承認薬の地位を与えるために、イベルメクチンのような優れた第一選択薬を抑えているのは、哀れだと思います。実験的な注射は、承認されたワクチンの状況は、我々は赤の感染症についておしゃべりが戻ってくることを加速させたが、これは昨年も起こったが、毎年すぐに起こる もちろん、秋には新しい感染症がいつものように来て、我々はそれがコロナのためであるふりをする 私たちは、ギリシャ語の一見を呼び出すために使用されるものを教えてください。

 

最も重要なのは、丸みを帯びた言葉で、それを口実に、中国風邪とインフラに関するいくつかの歴史を不正に操作して、いつでもどのような偶然の出来事でも再び使用できるようにしていることです。 マウスキャップ・スペーサーは、もう旅行には行かず、握手もしません。馬鹿げた実験的な注射をしなければなりません。このコロナ・タイム・フィット服従訓練を、下院とルッテ政府は見事にその訓練を通過しました。おめでとうございます。クラウストラートはあなたを誇りに思うでしょう。グローバリストの計画は進み、マスター対完全なコントロールへの次のステップを置くことができます。

 

 

 

 

 

 

プロフィール(plofile)
Clickで再生できます。
(ボリューム注意)



ブログ王ランキング

ウェブサイト作成
最近の投稿
  パンデミックの計画
カテゴリー
一押し教材
このサイトは Unlimited Template Neoを使っています。
リンク
タグ
サイト内検索
メタ情報

ページの先頭へ